世界で獣医は考えた

"One Health"の実現のため国際保健の道を歩む獣医師の日々

One Health One World

No one left behind


上司の異動と方向転換

今週頭に大学院の後輩たちの修士論文発表会があり,今日はその打ち上げに行ってきます。自分の修士論文発表会からもう1年がたったのかと思うと,感慨深いのと共に時間のたつ早さに恐れおののいています。


 後輩の子たちはこれから3月末の卒業式まで完全フリー。学年の5~8割が外国人,残りもほとんどが外国で教育を受けた日本人なので卒業後は大部分が日本から飛び立っていきます。言語バリアが無い事をうらやましく思いつつも,私も早く外国で働けるよう,今は与えられたポジションで責務を果たしたいと思います。


 昨日(2018/2/1)に書いたこれまでにあったことを書いていこうと思います。

今日は上司の異動と方向転換。


昨年の夏場に入省してからお世話になっていた上司(課長級)が異動し,新しい上司が来ました。彼は異動元の時から私の所属先とやりとりをしていたこともあり,また保健のバックグラウンドを持つ人でもあることから異動当初からバリバリに働く人でした。印象的なのは,「国際保健」について前の上司とまったく考え方も,仕事方針も違うという所でした。

前の上司はとても国家公務員的(或いは私の働いている省庁特有の?)な「積極的受け身(actively passive)」の人でした。現時点で抱え込まなくても良いような案件は積極的に受け持たないように裁きましょう,というスタンスです。

 他方,今の上司はまさに「積極的能動(actively active)」の人で拾い上げられる案件は何でも積極的に拾っていこう,というスタンスです。そのため,私が受け持っている栄養案件についても積極的に取り上げられる機会が目に見えて増加しました。

栄養はもともと外部の人間に任せるような案件だったので,どちらかと言えばそこまで重要視されていなかったのですが,彼が来たことで一転主要案件の1つとなってしまいました。もともと許されている残業時間が40時間/月しかない中(言い換えればQOLが確保されたすばらしい環境),彼が異動してきてから目に見えて残業時間消化量が増えました。増えすぎて不可抗力にも拘わらず人事予算を司る庶務班長に嫌われるくらい増えました。統計的にも有意です(笑)。

組織はトップが変われば雰囲気が変わるといいますが,ここまで180度変わる例も珍しいのではと個人的には思っています。そのため,必然的に業務は忙しくなりましたが,そのおかげでいろいろな経験をさせてもらえる機会も増えたと思います。特に今の室長はことあるごとに,官公庁における物事の見方,考え方についてその都度指導してくれます。それまでは正直,私の立場は雑件にとりあえず対応する外部のお手伝いさん位の立ち位置だったのですが,新しい室長は構成員の一人として,教育・指導もしてくれているのだと感じます。

正直に言えば,新室長に対しては余計な仕事を増やしやがって,と思う瞬間もなきにしもあらずですが,その反面とてもフランクでにこやかに接してくれる彼への信頼感があるのも確かです。


計らずして受け持っている案件がちょっとだけ主要な案件になってしまいましたが,このチャンスを活かして自分の養分にしていきたいと思います。